Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スザンヌ•ランランがGoogleのロゴ(Doodle)に!!経歴が気になる!?

      2016/06/15

image

■スザンヌ•ランランがGoogleのロゴに!!

テニス選手のスザンヌ•ランランが、2016年5月24日のGoogleのロゴになっていることを知りました。

スザンヌ•ランランは1920年代前半の女子テニス界に君臨した名選手でで、母国のフランスではテニスの女神とも言われています。

そして今日、2016年5月24日はスザンヌ•ランランの生誕117周年ということで、Googleのロゴがランラン仕様になっています。

そのロゴですが、テニスをしている女性の3パターンのロゴがアニメ風に遷移しています。

なんかおもしろいですね〜

そんなスザンヌ•ランランさんについて、気になったのでいろいろ調べてみました。

スポンサードリンク 

■スザンヌ•ランランさんの経歴

テニス選手のスザンヌ•ランランさんとは一体どんな人なんでしょうか?

image

スザンヌ•ランランさんはフランスのパリ出身のテニス選手で、1899年5月24日生まれ1938年7月4日に39歳で亡くなっています。

ランランは子供の時は身体が弱かったため、父が体を鍛えるためにテニスをススメたとのこと。

なるほど、よくありがちなきっかけですね。

しかし、ランランはあまりにテニスが上手くなり過ぎて、15歳のときにはフランス大会の混合ダブルスで優勝してしまいます。

そして、1919年にはウィンブルドンでシングル部門で優勝します。

その後も多くの大会で活躍したランランですが、

テニス4大大会女子シングルスでは仏6回・英6回の12回の優勝

テニス4大大会女子ダブルスでは仏6回・英6回の12回の優勝

テニス4大大会女子混合ダブルスでは仏7回・英3回の10回の優勝

といった驚異的な成績を残しました。

以下は1925年のウィンブルドンでのスザンヌ•ランランです。

以下は、テニスの「How I Play Tennnis」という動画です。

90年近く前の動画とか、残ってるんですね〜

なお、ランランは39歳のときに白血病で亡くなられています。

才能あふれる人間がその若さで死んでしまうなんて、悲劇的に感じてしまいます。

ということで、本日のGoogleのロゴに取り上げられた「スザンヌ•ランランさん」の経歴について、かなりざっくりと記載させて頂きました。

スポンサードリンク

♪こちらの記事も読まれています♪

 - 気になる人