Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

近代オリンピックがGoogleのロゴ(Doodle)になっていた!!

      2016/06/16

image

■近代オリンピックがGoogleのロゴに!!

2016年4月6日、近代オリンピックが、Googleのロゴになっていますね。

では、

A さん
近代オリンピックってなんですの?

 

ということなんですが、かなりざっくりいうとこれまで我々が目にしてきたオリンピックのことです。

4年に1回開催されている、あのオリンピックのことですね。

夏にもやってますし、冬にもやってます。

あのオリンピックのことです。

B さん
あなたのよ〜く知ってる、あのオリンピックのことですよ

※近代オリンピックに対比するものとして「古代オリンピック」があります。

そして、今日、2016年4月6日は近代オリンピック開催120周年なのです。

ちなみに第一回夏季オリンピックは1896年にアテネで開催されています。

そんなオリンピックについて、気になったのでいろいろ調べてみました。

スポンサードリンク 

オリンピックについて

image

今日、2016年4月6日は「近代オリンピック」が初めて開催されて120周年記念です。

ということで、オリンピックの歴史など気になって調べてみました。

そしてリサーチしたところ、個人的には特に「過去に存在した面白い競技」というものに興味がひかれてしまって、以下にいくつか記載しました。

過去に存在した面白い競技について

•鳩の撃ち落とし…1900年のパリ大会で行われるも、300羽のハトが犠牲になり1回で廃止。

•芸術…1912年から7回行われた。内容としては絵画•文学•音楽•彫刻•建築の5つの部門があった。

•魚釣り…1900年のパリ大会で行われ、釣った魚の重量で順位を決めた。

•大砲発射…1900年のパリ大会で行われた。

•障害物水泳…こちらも1900年のパリ大会で行われた。

•都市計画…1928年、32年、36年、48年の4回行われた。

調べると他にもいろいろ面白い競技が出てくるのですが(「綱引き」や「綱登り」、「熱気球」などもあったそうです…)、昔のオリンピックって「テレビのバラエティ番組みたいな良い意味でエンターテインメントに溢れたところがあるな〜」と感じました。

「こんなオリンピック競技があったら嫌だ」という大喜利のお題があって「都市計画」とか答えられたら普通に笑ってしまいそうです(汗)

「スポーツじゃないし!」とツッコミたくなりますが、きっと競技になるだけの正当な理由、時代背景があったのでしょう。

しかし、熱いな〜と感じました。

特に1900年のパリ大会が熱いですね。

1896年の第一回アテネ大会を経て、「次はああいうこともやってみたい、こういうこともやってみたい」と人々のイマジネーションが活発になり、刺激に満ちあふれた時代だったのではないでしょうか。

以下は1900年のパリ大会のハイライトです。

1900年のパリ大会のハイライト

今の我々からしたら、「これがオリンピック??」と目を疑いたくなるような光景ですが、「100年以上前だし、そりゃそうだよな」と、逆になにかほのぼの感があっていいなと思いました。

今から100年後にはオリンピックはもっと違ったものになっているのではないでしょうか。

ということで、過去のオリンピックで存在した面白い競技について、記載させて頂きました。

スポンサードリンク

♪こちらの記事も読まれています♪

 - 行事