Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

佐伯彰一さんが死去!!経歴•年齢•出身•死因•家族が気になる!?

      2016/04/19

image

■文芸評論家の佐伯彰一さんが死去

文芸評論家の佐伯彰一さんが、1月1日に亡くなったことをニュースで知りました。

 文芸批評、比較文化論など、国際派の知識人として幅広い活動を続けてきた文芸評論家で本紙正論メンバーの佐伯彰一(さえき・しょういち)氏が1日午後1時48分、肺炎のため死去した。93歳。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は長男、泰樹(やすき)氏。

Yahooニュースより

そんな佐伯彰一さんについて、気になったのでいろいろ調べてみました。

スポンサードリンク 

■佐伯彰一さんの経歴

文芸評論家の佐伯彰一さんとは一体どんな人なんでしょうか?

image

佐伯彰一さんは富山県出身の文芸評論家で、1922年4月26日生まれの93歳でした。

また学歴としては、東京帝国大学大学院を卒業されています。

そんな佐伯さんは、1955年に「物語芸術論」で読売文学賞を受賞、そして1957年には批評家としての業績を評価され、日本芸術院賞を受賞されています。

 また、平成7年には、東京・世田谷にゆかりのある文学者の資料などを集めてオープンした「世田谷文学館」の初代館長に就任しました。

また三島由紀夫さんの研究でも知られており、2011年に山梨県に開館した三島由紀夫文学館の初代館長にも就任されています。

また、佐伯さんのご家族としては、長男の泰樹さんがいらっしゃるのがわかっています。

なお、死因についてですが、肺炎ということです。

個人的に三島由紀夫さんの作品は「金閣寺」など、数冊読んでおり、少しハマりかけた時期もあったので、佐伯さんの書評も読んでみたいと思いました。

佐伯彰一さんのお悔やみを謹んで申し上げます。

スポンサードリンク

♪こちらの記事も読まれています♪

 - 社会