謝罪会見どっとこむ

~ワンランク上の謝罪でプレミアムなひとときを~

*



ためしてガッテンでも紹介!高齢者は要注意!熱中症寸前の隠れ脱水とは?

      2016/02/19

かくそしてというnecchuu

毎年30万人が襲われるといわれる熱中症。

自分は無関係と思っているあなたも安心できません。

そして、熱中症には意外な新事実がありました。

日本人の健康な65歳以上の方々を調査したところ、

なんと!!

7人に1人が熱中症寸前の「隠れ脱水」状態になっていた

ということです。

そもそも「隠れ脱水」とは何なんでしょうか??

本記事では、「水を飲むだけでは解消されない、

脱水から抜け出す解消法」を紹介します。

スポンサードリンク 

■「隠れ脱水」とは

脱水症というのは、徐々に進行する症状であるため、

これとはっきり認識できる状態になるまで、

本人が気付かないため、「隠れ脱水」と呼ばれます。

(ちなみにこれは医学専門用語ではありません。)

隠れ脱水が進行して、脱水症状になると、

血圧が下がったりとか、汗や尿等が出にくくなったりといった

わかりやすい状態になりますが、

本来であればそうなる前の隠れ脱水の段階で

進行をストップさせなければなりません。

■隠れ脱水を見分けるには

そもそも、隠れ脱水にはなかなか自覚症状をもつことができません。

タレントの所ジョージさんも、過去に隠れ脱水を見分けることができなくて

畑仕事をしていると熱中症になってしまい、救急車で

運ばれたと言われています。

隠れ脱水を見分ける方法としてもっともわかりやすいのは

自分の舌の状態を確認するということです。

舌がざらざらしていたり、赤黒い色をしているのが

確認できたら、隠れ脱水の可能性が高いです。

また、爪を強く押した後、爪の色が白の状態から

元に戻るのに3秒以上かかると隠れ脱水の可能性があります。

■脱水から抜け出す解消法

もちろん、まめな水分補給もすごく大事ですが、

血管にたんぱく質をできるだけ入れておかなければなりません。

例えば、豆腐、牛乳、鶏肉やタマゴなどを摂取することがおすすめです。

汗をかいたときはスポーツドリンクといったものを

補給することも必要です。

また、なるべく暑さを避ける環境に身を置くことも非常に大事で、

例えば、節電などでクーラーをかけないといったことは

避けなければなりません。

室内では、扇風機やクーラーで部屋の温度を涼しく調整していきましょう。

私は体質のせいか汗をかきやすくて、夏が苦手なため、毎年夏になると、ざるそばや

冷やし中華、そうめんばかり食べて夏バテになってしまいますが

隠れ脱水も含めて体調管理をしっかりしていきたいと思った次第です。

スポンサードリンク

♪こちらの記事も読まれています♪

 - 健康