謝罪会見どっとこむ

~ワンランク上の謝罪でプレミアムなひとときを~

*



ロッテ創業者•重光武雄氏の経歴は?年齢•学歴•資産が気になる!?

      2016/04/14

image

■ロッテでお家騒動!!長男がクーデターか!?

2015年7月28日のYahooニュースでロッテの創業者の重光武雄会長が、代表権を返上して取締役名誉会長に就くということが大きくとりあげられていますね。

Yahooニュースによると、長男の宏之氏(61)が試みたクーデターが失敗に終わり、次男の昭夫氏(61)が今後は代表権を与えられるようになるとのことです。

ロッテといえば、ガムなどのお菓子を作っていたりとか、プロ野球球団•千葉ロッテマリンズを所有している企業といったイメージが強くて、実は経営者がどんな人かとか、恥ずかしながら今まで知りませんでした(汗)

ということで、ロッテの創業者の、重光武雄会長のプロフィールについて調べてみました。

スポンサードリンク 

■重光武雄会長の経歴

ロッテの重光武雄会長とは一体どんな方なんでしょうか?

重光武雄(しげみつたけお)会長は1922年生まれの93歳
日本が統治していた時代の韓国慶尚南道蔚山郡(現・蔚山広域市)出身で、在日韓国人一世であり、韓国名は辛格浩(シン•キョクホ)さんといいます。

1942年の20歳のときに、重光氏は日本本土に転居し、1946年に早稲田実業学校を卒業しています。

そして1947年にアメリカの進駐軍のチューインガムを見て「これは売れる!」と確信し、ガムの製造をはじめます。
翌年の1948年には株式会社ロッテを創立し、自ら代表取締役に就任しました。

当時はガムを製造している会社が東京だけで160社ほどもあり、ライバルとの競争が激しかったそうです。

そのため、ガムの次はチョコレートに目を付けて、チョコの製造をはじめるなどしていきます。

その後、事業が軌道にのり、会社も成長していきます。

1969年には岸信介元総理大臣の紹介で、プロ野球球団•東京オリオンズのスポンサーになります。
1971年には正式にロッテオリオンズの経営権を譲り受けます

なお、ロッテは日本ではお菓子メーカーとして有名ですが、韓国では巨大財閥として、ホテル・百貨店・テーマパーク事業などの多角化戦略で大きな成長を遂げています。

そんな、重光武雄氏の気になる資産額についてはなんと3720億ウォン(約400億円)といわれています。

韓国ロッテは資産規模で韓国財閥5位。2013年のグループ売上高は83兆ウォン(約9兆円)に達し、
日本の約4000億円をはるかに上回る。グローバルでの存在感は韓国ロッテが圧倒的に高い。

2015年1月11日 日経新聞朝刊より

9兆ってすごいですね〜
このような超大企業だからこそ、お家騒動のニュースもすごく世間の注目を集めてるんですね。
勉強になりました。

スポンサードリンク

♪こちらの記事も読まれています♪

 - 事件, 経済