謝罪会見どっとこむ

~ワンランク上の謝罪でプレミアムなひとときを~

*



東芝が特設注意市場銘柄に!!田中久雄社長の経歴•出身大学•部活•父の職業が気になる!?

      2016/03/10

image

■東芝による水増し会計で謝罪会見、歴代3社長が辞任

東芝による経営トップが関与したとされる水増し会計事件が、ニュースで大々的に報じられていますね。

あの日本を代表する大企業•東芝がそんな悪事を行っていたとは信じがたいですが、今回の不正会計問題の責任をとって、田中久雄社長、佐々木則夫副会長、西田厚聡相談役の歴代3社長が辞任するまでの事態に発展しました。

そんな東芝の経営陣の経歴が気になる!ということで、田中久雄元社長のプロフィールについて調べてみました。

スポンサードリンク 

■田中久雄元社長の経歴

今回の不正事件で東芝を辞任した田中久雄社長は一体どんな方なのでしょうか?

田中久雄社長は1950年12月20日生まれの65歳
兵庫県神戸市出身で、姉が一人と両親の4人家族でした。

父は地方公務員で、土日も仕事で家をでていたほどの多忙ぶりのため、あまり遊んでもらった記憶がないとのことです。
そのため、たまに遊んでくれる父親は怒らないように接してくれたそうです。
そういった父親の寛容な精神が、田中氏が社会人になったあと、部下に対して物事を無理強いせず、「自分で答えを考えさせる手法」につながったと語っています。

県立兵庫高校時代にはギターを始めて、友達3人でフォークソンググループを結成し、ラジオ番組にも出演します。
そして神戸商科大学在学中にはプロを目指して、オーディションを受けたりもしていたそうです。
しかし、うまくいかずプロになることは断念したと語っています。
また田中氏は大学では4年間、少林寺拳法も続けており、体育会系の一面も持ち合わせています。

そして田中氏は神戸商科大学卒業後、1973年4月に東芝に入社しています。
田中氏は関西、特に神戸が好きなので、東芝に入ってからも関西にいられるだろうと思っていたそうですが、配属先は本社の資材部、ということで泣く泣く関西を離れるはめになってしまいました。

その後はフィリピン、イギリスなどで駐在したあと、資材調達部長、PC生産統括センター長、常務、上席常務、専務、副社長を経て、2013年に社長に就任しました。
(ここは駆け足の説明ですが…(汗))

そして、今回の不祥事に至ります。

田中氏は常々「過去を否定し、ゼロベースで考えることこそ大事」とおっしゃっています。

今回の事件については、世間の信用を裏切る結果となってしまいましたが、大企業•東芝の信頼を回復させるために、残った社員の方たちには頑張っていただきたいと思います。

佐々木副会長の経歴

西田厚聡相談役の経歴

スポンサードリンク

♪こちらの記事も読まれています♪

 - 事件, 経済