謝罪会見どっとこむ

~ワンランク上の謝罪でプレミアムなひとときを~

*



塩じいこと塩川正十郎(元財務相)さんが死去!!経歴•出身大学•前職•父の職業が気になる!?

      2016/05/04

image

■元財務相の塩川正十郎さんが死去

元財務相の塩川正十郎さんが9月19日、肺炎のため、93歳で死去したことをニュースで知りました。

塩川正十郎さんといえば、小泉内閣のときに「塩じい」の愛称で親しまれていて、関西弁でしゃべるところも愛嬌があって個人的に好きでした。

改めて塩川正十郎さんについて、経歴を振り返る意味でいろいろ調べてみました。

スポンサードリンク 

■塩川正十郎さんの経歴

元財務相の塩川正十郎さんとは一体どんな人なんでしょうか?

image

塩川正十郎さんは1921年10月13日生まれで93歳でした。

出身地は大阪府布施市(現•東大阪市)で、お父様は、布施市•元市長の塩川正三さん。

そんなお父様からは「田舎の学校へ行ったってしょうがない。都会の、それも慶應へ行け。慶應へ行くんだったら、経済じゃないか。それ以外は、あかんぞ」と言われ慶應義塾大学経済学部へ入学したということです。

また、在学中に学徒出陣により出征しています。

そして終戦後、会社を設立し、経営者となります。

その後、1967年の総選挙で旧大阪4区より当選し、衆議院議員となりました。

2001年から始まった小泉内閣では、80歳で財務務大臣に就任します。

80歳になろうとする人物が財務大臣に就いたことは、サプライズ人事の一つされ、大きな話題になりました。

そして、2003年10月、第43回衆議院議員総選挙に立候補せず、政界を引退します。

また以下は塩川さんの印象的な発言です。

特別会計
「母屋でおかゆをすすっているときに、離れですき焼きを食べている」(一般会計が赤字を削っているのに特別会計で浪費していることを揶揄した表現)

国民年金
「国民年金だけで議員は生活できると思うか?」と質問された際に「ほんなん、できるかいな。ぼくら(議員)はあんたら(国民)と生活のレベルが違うやないか!(毎月)100万かかるよ。みんな、人間平等だと思っていたらとんでもない間違いだ。」と発言している。

Wikipediaより

以下は、過去に塩川正十郎さんがテレビ出演されたときの動画です。

コメンテーターとしての塩じいの発言ももう聞けないと思うと、さみしい気持ちになります。

塩川正十郎さんのお悔やみを謹んで申し上げます。

スポンサードリンク

♪こちらの記事も読まれています♪

 - 事件