Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

武藤敏郎事務総長の経歴が超エリート!!出身大学•職歴•父の職業が気になる!?

      2016/04/11

image

■佐野氏の五輪エンブレムが使用中止に!

佐野研二郎さんがデザインした東京五輪のエンブレムが使用中止になったということが、ニュースで大きくとりあげられていますね。

そして、会見した組織委員会の武藤敏郎事務総長は佐野氏への賞金100万円について「支払いの手続き中でしたが、これは支払わないことになります」と明言しましたが、この発言について「上から目線だ!」「開き直りだ!」と世間から非難を浴びています。

そんな武藤敏郎氏の経歴が気になる!ということで、組織委員会の武藤敏郎氏のプロフィールについて調べてみました。

スポンサードリンク 

■武藤敏郎氏の経歴

佐野氏の五輪エンブレムが使用中止になったことについて、会見した組織委員会の武藤敏郎氏は一体どんな方なのでしょうか?

image

武藤敏郎さんは1943年7月29日生まれの72歳
埼玉県浦和市出身で、6人兄弟。
そして父が浦和市の市議会議員だったそうです。

自身は開成高等学校を経て、東京大学卒業といった学歴をお持ちです。

また武藤さんは在学中に国家公務員の上級試験司法試験に合格し、大学卒業後は大蔵省に入省されます。

そして、キャリアを積み、財務事務次官にまで昇りつめますが、2003年に日本銀行に転じて、副総裁に就任します。

2008年に副総裁を退任してからは東京大学の先端科学技術研究センター客員教授大和総研の理事長、2009年に学校法人開成学園•学園長兼理事長、そして2014年に東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の事務総長に就任するなど、様々な役職に就いています。

かなりざっくりとした説明でしたが、これだけで「すごい経歴だな〜!」と思いました。

ちなみに趣味は油絵だそうで、個展をひらいたこともあるそうです。
仕事ができる方は、趣味もハンパじゃないんですね!

今回の佐野氏の五輪エンブレムが使用中止になったことについての武藤さんの会見は、いろいろと注目を集めていますが、ちょっと辛い注目の浴び方でしたね…(汗)

スポンサードリンク

♪こちらの記事も読まれています♪

 - 事件