謝罪会見どっとこむ

~ワンランク上の謝罪でプレミアムなひとときを~

*



楠瀬喜多生誕 183 周年が10月18日のGoogleのロゴに!

   

 

f:id:hanecchi:20191018001659j:plain

 

「楠瀬喜多生誕 183 周年」がGoogleのロゴに!!

2019年10月18日、楠瀬喜多生誕 183 周年が、Googleのロゴになっていることを知りました。

 

着物を着た女性が、手紙らしきものを持って歩いてます。

 何をした人なのか調べたところ、明治、大正時代の女性解放運動の婦人運動家だとのこと。

 

 

 

グーグルロゴによると

 

楠瀬喜多さんは「私らは税金を払ってるのに、女性というだけで何故参政権がないんですか?

 

参政権がないなら税金を払う必要はない」と1878年に役人に手紙を送ったという逸話が有名なんだそうです。

 

当時の時代背景を考えると、すごい度胸ですね。

 

 

まさにパイオニア。

 

 

 ちなみに名前は「くすのせきた」と読むそうです。

 

別名「民権ばあさん」も呼ばれてるとのことです。

 

 

 

楠瀬喜多について

 

f:id:hanecchi:20191018002324j:plain

楠瀬喜多

 

1836年10月18日生まれ

 

1920年10月18日没

 

 

出身は土佐(高知県)

 

※あの坂本龍馬も1836年に土佐で生まれています。

 

 

 女性解放運動で知られている別名「民権ばあさん」。

 

大正デモクラシーが叫ばれる最中に亡くなられています。

 

亡くなられた日も10月18日。

 

 

 

あとはウィキペディアなどに詳しいことが書いてあります。

 

 

ja.m.wikipedia.org

 

hanataba-syobo.amebaownd.com

 

 

大正デモクラシーという言葉は誰でも知ってると思いますが、

 

楠瀬さんのことは初めて知りました。

 

土佐は世界で2番目に女性参政権が誕生したってすごいですね。

 

楠瀬さんらの活動は世界的にも大きな影響を与えたということで、

 

今回のグーグルロゴにも取り上げられたんですね。

 

また坂本龍馬と同じ年に土佐で生まれてるというのも、すごい偶然です。

 

勉強になりました。

 

ありがとうございます。

 

 

♪こちらの記事も読まれています♪

 - 勉強