Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

しし座流星群(2016年)のピークや方角や見える期間が知りたい!

      2016/11/17

11月に入り、急に寒くなってきました。

でも、秋~冬は空気が澄んでいて、夜空を見上げるには最高の時期ですよね♪

11月しし座流星群が観測できる月。

今年は、いつ頃がピークとなるのでしょうか?

詳しく調べてみました!

スポンサードリンク 

 しし座流星群の見られる期間とは?

しし座流星群は、主に11月14日~11月24日頃に多く出現する流星群です。

ohkawa

速度が速くて明るいものが、一時間に数個観測できます。

三大流星群(しぶんぎ座流星群・ぺルセウス流星群・ふたご座流星群)には及びませんが、流星群の中でも毎年ニュースで取り上げられる、割と有名な流星群となりますね。

過去には、「流星雨」や「流星嵐」と呼ばれる、一時間に数千~数万が流れる大出現を観測できたことも。

日本では、2001年にこの大出現が観測できましたね♪

だいたい、夜11時~深夜2時がピークとされていますが、2016年の今年はいつ頃が観測のチャンスなのでしょうか?

 2016年、しし座流星群のピークは?

2016年のしし座流星群は、11月10日~11月23日頃に観測されるとされ、一番の見ごろは11月17日の予定

この日の19時頃に「極大」を迎えるため、19時~明け方が観測のピークと言えるかもしれません。

ただ、2001年を最後に華やかな活動は観測されていないので、今年も「一時間に数個」見ることができる程度だと思います。

今年は、条件があまりよくないとされています、観測するポイントを押さえれば、しし座流星群を見ることもできるかもしれません。

どの方角がおすすめなのでしょうか?

 方角は?観測するポイントとは?

割と明るいものが多く、観測しやすいしし座流星群ですが、やはり月を真正面に見てしまうと観測しずらくなってしまいます。

月を背に、また出来るだけ街の灯りが少ない場所で見るといいでしょう。

方角は、実はどこを向いていてもいいんです♪

流星が発光する位置は色々なので、基本的にはどこでも見ることができます。

月や街の灯りに注意しつつ、観測しやすい場所を見つけましょう!

まとめ

11月は、やはりとても冷え込む季節。

しし座流星群を快適に観測するためにも、防寒着などをしっかり準備して風邪をひかないようにしましょう!

「流れ星に願い事を唱えると叶う」と言われていますが、まさに流星群は絶好のチャンス!

お天気が良いことを祈りつつ…

ロマンチックな流星群が見られるといいですね♪

関連記事:ふたご座流星群(2016年)のピークや方角や見える期間が知りたい!

スポンサードリンク

♪こちらの記事も読まれています♪

 - お役立ち, 勉強, 行事