Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

謝罪会見どっとこむ

~ワンランク上の謝罪でプレミアムなひとときを~

*



黒田博樹(広島)が引退!!父親がすごい人?現役時代の成績も気になる!

      2016/10/26

kuroda11

プロ野球選手として日米で活躍した黒田博樹選手が引退を発表したことが話題となっています。

黒田博樹選手は、投手として1996年にプロ入り後、広島やアメリカの球団で活躍しました。

今回は、黒田博樹選手について、現役時代の成績や、本人のプロフィールなどを調べてみました。

スポンサードリンク 

kurodatokyu

黒田博樹投手のプロフィール

黒田博樹投手は、1975年2月10日生まれの41歳。(2016年現在)

大阪府大阪市住之江区の出身です。

黒田投手のお父さんは元プロ野球選手の黒田一博内野手(南海ホークスのリーグ優勝3連覇に貢献)

そして黒田博樹さんは小さい頃、お父さんが監督を務める少年野球のチームで、野球をされていました。

大阪の名門・上宮高校を経て、専修大学に進学。

大学野球で注目を集め、球速150km/hを計測するなど本格派投手として、1部リーグ通算6勝という成績を残しています。

大学卒業後、1996年に黒田投手は広島に逆指名2位で入団しました。

しばらく下積み期間を経て、2001年には初の2桁勝利である12勝を挙げ、チームから頼られる投手となります。

そんな黒田投手ですが、2007年にメジャーリーグに渡るまで、2004を除いて全て2桁勝利を挙げるというまさにチームのエースといった存在にまで成長しました。

黒田博樹投手のメジャーリーグ移籍後と現役時代の成績は?

黒田博樹投手は、2007年12月15日にロサンゼルス・ドジャースと契約し、メジャー入りしました。

2008年4月4日のサンディエゴ・パドレス戦でメジャーデビューし勝利を挙げ、そのシーズンは9勝10敗という成績を残します。

黒田博樹投手は、翌年以降も活躍し、2010年には11勝13敗と二桁勝利を挙げます。

2012年からはニューヨークヤンキースに移籍し、在籍中の3年間は全て2桁勝利をおさめています。

そして2015年には古巣である広島カープに移籍します。

そして先発投手として活躍し、2016年の広島のリーグ優勝に貢献しました。

そしてこのたび2016年10月に、引退を発表しました。

日米で533試合に登板し、通算203勝184敗という成績でした。
メジャーリーグでは266試合に登板、17勝8敗6セーブをあげ、防御率は3.09を記録しています。

黒田博樹選手の今後は?

今のところ、公表されていません。

義理堅い黒田投手ですから、広島で後進の育成にあたる可能性もありますよね!

日米で大活躍した黒田博樹さんの今後に、ぜひ注目していきたいです。

ということで、まずは日本シリーズの黒田投手に要注目です!

関連記事:鈴木誠也(広島カープ)の年俸がすごい?高校や彼女についても調査!

スポンサードリンク

♪こちらの記事も読まれています♪

 - スポーツ