Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

バドミントン・タカマツペアが金メダル!高橋礼華(たかはしあやか)・松友美佐紀の経歴やリオの活躍が知りたい!

   

リオオリンピックで、日本勢初の金メダルを獲得したバドミントン・女子ダブルスの「タカマツペア」こと高橋礼華・松友美佐紀選手

世界ランク1位のペアが、見事快挙を成し遂げてくれました!

高橋礼華選手、そして松友美佐紀選手の経歴や、リオでの決勝の様子をご紹介します!

スポンサードリンク 

高橋礼華選手のプロフィール

bcb3d62f639d2e681fb9fbd9490981e7-e1466581478385

誕生日:1990年4月19日(26歳)

出身地:奈良県

 

母親の影響でバドミントンを始めた高橋礼華選手。

当時からその実力はお墨付き。

高校総体では、足を怪我していたにも関わらず、女子団体・女子ダブルスで優勝し2冠を達成する快挙を成し遂げています。

2014年、ヨネックスオープンジャパン・女子ダブルスで、日本人初優勝し、その年の10月に世界ランク1位になりました。

松友美佐紀選手のプロフィール

1052991

誕生日:1992年2月8日(24歳)

出身地:徳島県

 

5歳の頃からバドミントンを始めた松友美佐紀選手。

両親や姉もスポーツをしている、いわゆる「スポーツ一家」で育ったため、松友美佐紀選手も、小さい頃から水泳や体操をやっていましたが、小学生になった頃にバドミントン一本に絞ったんだそう。

2016年に全英オープンでは、ダブルスで日本勢38年ぶりに優勝

その実力を認められ、高橋礼華選手と共に、リオオリンピックの代表に選ばれました。

2人は高校生の頃から、ともに歩んできた鉄壁のペア。

リオでの活躍も素晴らしいものでした!

 リオの舞台で金メダル!動画がこちら!

後半、攻め込まれたタカマツペアですが、最後には大逆転で金メダルを獲得

世界ランク1位の実力を見せつけました!

とにかく「すごい!」の一言ですね。

バドミントンでは日本勢初の金メダル。

タカマツペア、おめでとうございます!

4年後の東京オリンピックに意欲!

試合後、連覇の懸かる4年後の東京五輪へ話しが及ぶと、高橋は「年も年なので、怪我とかあったらどうなるか分からない」と苦笑いしつつ「想像してるというか出たいとは思います」と意欲を見せた。松友も「とりあえずこの五輪で2人で結果を出したいと思ってやってきた。まあでも満足してないので、そのままやると思います。もっと強くなりたい」と、さらなる精進を誓った。

ディリ―スポーツより

決勝後、このように語ったタカマツペア。

次は連覇というプレッシャーがかかる試合となりますが、ぜひ東京オリンピックでもその活躍が観たいですね!

その時が楽しみです!

スポンサードリンク

♪こちらの記事も読まれています♪

 - スポーツ, 気になる人