Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

武邦彦さん(武豊,幸四郎の父)が死去!!年齢•結婚•死因•動画が気になる!?

   

0373

「ターフの魔術師」元JRA騎手の武邦彦さんが死去

元JRA騎手の武邦彦さんが、亡くなったことをニュースで知りました。

武豊騎手(47)、武幸四郎騎手(37)の父で、元JRA騎手、調教師の武邦彦氏が亡くなった。77歳だった。

 京都府出身。57年に騎手デビュー。“ターフの魔術師”の異名を取り、JRA通算7679戦1163勝。重賞は72年日本ダービー(ロングエース)、73年菊花賞(タケホープ)など80勝。80年には史上5人目・関西所属騎手では初の記録となる通算1000勝を達成するなど騎手として輝かしい実績を残した。
 
yahooニュースより

そんな武邦彦さんについて、改めて気になったのでいろいろ調べてみました。

スポンサードリンク 

武邦彦さんの経歴

武豊騎手、武幸四郎騎手の父で、元JRA騎手の武邦彦さんとは一体どんな人なんでしょうか?

takepapa

武邦彦さんは、北海道函館市出身の元JRA騎手で、1938年10月20日生まれの77歳でした。

武邦彦さんの家はもともと大金持ちで、太平洋戦争が終わるまでは、大きな牧場を所有しており、祖父の彦七さんは多くの騎手・調教師を育てた馬術家、そして父・芳彦さんは北海道馬主協会の重鎮だったということもあり、身近に馬がいる環境で育ちました。

そして、戦争終了後、京都に移り、京都競馬場で厩舎を開いていた叔父の関係で騎手見習いとなり、19歳で騎手デビューを果たします。

以下は、騎手としての略歴です。

武騎手時代は1960年代から1980年代にかけて第一線で活躍し、関西所属騎手として初の通算1000勝を記録した。通算7679戦1163勝、うち八大競走8勝を含む重賞80勝。

Wikipediaより

武邦彦さんの結婚や死因などについて

ちなみに武さんは、妻の洋子さんとご結婚されていらっしゃいます。

そして、3男の武豊さん、4男の幸四郎さんの父であるということで非常に有名であられます。

img_view

なお、武邦彦さんの死因については公表されておらず、わかりませんでした。

以前、武豊さんが「偉大な父のもとに生まれて、2世の騎手として大きなプレッシャーを感じていた」とおっしゃっていたのを思いました。

そして、父を抜く実績を残すことができたことで、父に対する親孝行ができたとおっしゃっていました。

武豊さんの活躍を見ていると、お父様である邦彦さんの馬、競馬に対する愛情がより深いものであったというのがわかるような気がします。

武邦彦さんのお悔やみを謹んで申し上げます。

スポンサードリンク

♪こちらの記事も読まれています♪

 - 社会